MENU

simフリーのスマホをゲット!格安simを徹底比較

simフリーのスマホが日本でも主流になります。日本では3大キャリアと呼ばえるドコモ・au・ソフトバンクのインフラを活用した事業者mvnoがsimフリーのサービスに続々と参入しています。

 

simフリーのスマホを持つメリットとしては、月額6000円程支払っていたスマホ代が、半額の3000円ほどになり、ランニングコストが大幅に抑えられます。また、音声通話なしのデータ通信専用simでしたら、さらに半額の1500円になったりします。本当にメリットずくめであり、知っているかしらないかの差が如実に出ます。

 

当たり前の習慣のようにキャリアのスマホを持って、ムダに6000円ほど支払っていくのが馬鹿らしくなります。ぜひ、早いうちにsimフリーのスマホに切り替えることをおすすめします。

 

DMM mobile

dmm 最安値のスマホセット対応端末からおすすめ端末そして、最新端末まで幅広くスマホセットをラインナップしています。データ通信量も全6種類用意されていて、細かいプランにも対応しています。当サイトイチオシサイトです。

 

U-mobile

U-mobile はじめてスマホを持つ方でも安心です。simフリー端末とsimカードのセット販売も選ぶことができます。新機種も続々登場しています。この機会にぜひ格安スマホをゲットしてみませんか?

 

Y!mobile

Y!mobile 安心のヤフーブランド。シンプルな料金体系が魅力です。1GBまで月額2980円です。また、電話も使い放題!電話も比較的使う方にはお得です。

 

simフリー端末を利用するメリット

携帯各社の料金プランは割高に感じる人が多いはずですが、simフリー端末を使用すれば料金を安く抑えることが可能です。格安simとの組み合わせで使用することになりますが、携帯各社の端末には自社の回線でしか使用できないようにロックがかけられています。いくら格安simがあるとはいってもロックがかけられているためにそのままでは使用することができない仕組みとなります。

 

simフリー端末はロックがかけられていないため、格安simの中から周波数帯の合う機種を自由に使用できるメリットがあります。一般的な通話が可能なsimでも2千円以下の基本料金で利用できますので、携帯各社の料金プランよりも格安での利用が可能です。simフリー端末はロックが掛けられていないため、他の回線事業者のsimを自由に入れ替えて使うことも可能です。

 

端末はそのままに回線のみを変更できるのも携帯各社にはないメリットになります。周波数帯など条件さえあれば同じ機種を長く使用することが可能ですから、高額な端末を購入しても使い勝手は良くなると言えます。料金が安くできることがsimフリー端末と格安simのメリットですが、自由に回線事業者を選べることが携帯各社とは異なる部分となります。

格安SIMフリー機の契約方法

格安SIMとSIMフリー端末はそれぞれ個別に購入することもできますし、セット販売により契約することも可能です。料金の安さは人件費などの経費がかからないことも理由となりますので、購入や契約に関してはほとんどがインターネットからの申し込みとなります。格安SIMを取り扱う事業者はたくさんありますが、一部の事業者に限り店頭販売を行っています。

 

インターネットは一般的な存在となっているため、申し込みにデメリットを感じる人は少ないですが、それでも店頭で契約できない点に不安を感じる人も多いと言えます。SIMフリーのメリットは基本料金の安さになりますが、契約内容によっては料金が高くなってしまいます。選べる料金プランは携帯各社のような複雑さはありませんので、簡単に選ぶことができるようになっています。

 

ほとんどの事業者が同じようなプランを提供していますので、契約にあたりポイントになる部分は最低利用期間の有無や高速通信量になってきます。SIMフリー端末はセット販売されているものもありますが、セット販売では最低利用期間が設定されている場合が多いため、最低利用期間内に解約する場合には携帯各社と同じように違約金が発生します。

 

ミュゼ函館